chirashi

エモーショナルな人生を

こどもを持つ“がん患者”のためのコミュニティ「キャンサーペアレンツ」でのお手伝いについて(ボランティア募集説明会のお知らせ)

2018年の終わりから、「キャンサーペアレンツ」で一部のデザインを副業としてお手伝いしています(といっても、直近半年は具体的な仕事はできていないのですが……)。このブログやTwitterなどで軽く触れていましたが、改めてやっていることをご紹介。本文中のロゴ、フライヤーの制作、Webサイト側の一部設計・デザインを行いました。

来週2月29日(土)には、ボランティアスタッフ募集の説明会を実施(オンライン参加可)するようなので、興味のある方はぜひお申し込みください。

キャンサーペアレンツとは

キャンサーペアレンツとは、がんになったパパママのためのWebコミュニティ。登録すると、同じ境遇(がん種・ステージ・地域など)の方を探すことができ、日記を書き残したり、友だちになることもできます。現在の登録数は3500人以上。全国47都道府県すべてに会員さんがおり、不定期でオフ会も開催されています。

キャンサーペアレンツロゴ

一般社団法人キャンサーペアレンツ(代表・西口洋平さん/id:nishigucci2492)が運営。西口さんは、2015年に自身が胆管がんステージ4の告知を受けており、そのときの思いからサービスを立ち上げたそうです。

いまでは、キャンサーペアレンツから生まれたがん患者向け調査サービス「キャンサーベイ」も展開し、マネタイズも行っています。そのほかにも、絵本の商業出版、さまざまな企業・大学と共同研究の実施など、コミュニティをきっかけに社会に広く影響を与えています。

キャンサーペアレンツロゴ

さらに詳しくは、以下のフライヤーからご覧いただけます。

キャンサーペアレンツ

f:id:chira_rhythm55:20200221155952j:plainf:id:chira_rhythm55:20200221155956j:plain
「キャンサーペアレンツ」フライヤー

キャンサーベイ

f:id:chira_rhythm55:20200221160447j:plainf:id:chira_rhythm55:20200221160451j:plain
「キャンサーベイ」フライヤー

ボランティア募集説明会

そんなキャンサーペアレンツ、今回初めての試みとして「ボランティア募集説明会」を行うそうです。当事者の方もそうでない方も、少しでも興味のある方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。会場は東京ですが、参加はWEB(Zoom)でも可能とのこと。お住まいの地域や、ご自身の体調、新型コロナウイルスへの懸念などがある方は、ぜひWebでのぞいてみてください。

■当日のコンテンツ
・キャンサーペアレンツについて(立ち上げ経緯、活動内容、かける想いなど)
・運営メンバーの紹介
・それぞれのお仕事についての説明
・質疑応答
※説明会後、本応募を希望される方には別途応募フォームに記載いただきます。

■募集予定のお仕事
「広報・PR」「営業(事業開発)」「経理総務」
※この3つ以外でも、「こういったことができる」というものがあればご提案ください。運営メンバーで検討させていただきます。ただし、すべてのご提案にお応えできるわけではありませんので、ご了承ください。

nishiguchi.hatenablog.com