chirashi

エモーショナルな人生を

昼休み

  • セブンイレブンに荷物を出しに行く。
  • 700円以上お買い上げで引けるクジを引く(荷物の発送もお買い上げに含まれることに驚く)。
  • チップスターのりしおが当たる
  • 向かいの銀行へ1万円札を新札に替えに行く。
  • めちゃくちゃ丁寧な接待を受ける。
    • 両替後、待ち人はゼロなのに、待機中の銀行員全員に「お待たせしまた!」と言われる
    • 受け取り後、また全員に「ありがとうございました!」と言われる
    • 住宅ローンよりていねいでは
  • ファミマでチョコミントフラッペを手に入れて会社に戻る。

CG演習のおもいで

特別お題「おもいでのケータイ」

学生時代、CG演習という授業があった。もう10年前以上前である。PhotoshopやIllustratorを使った2DCGも作ったし、 Shadeを使った3DCGも作った。

CG演習は課題の多い授業だった。制作の時間はもちろんだけど、当時は、3Dのレンダリングにものすごく時間がかかった。アニメーション以外の課題では、提出物にプリントアウトした紙も含まれていたので、出力するまでに何時間もかかったのは良い思い出である。演習ではいくつもの物体やアニメーションを作ったが、特に記憶に残っているのは当時使っていたケータイ。ドコモのP900i。パネルを交換できるPシリーズが好きだった。

f:id:chira_rhythm55:20170309191605j:plain:w500

ちょうどその頃、ピクサーのモンスターズインクが流行っていた。いつか3Dで、サリーのようなふわふわの毛を表現するのが憧れだった。ただ、わたしにはそんな技術も環境もなかったし、何より、アニメーションを作るのがめちゃくちゃ苦手だった。

紆余曲折あって3DCGを作る仕事には就かなかったけれど、いまもPhotoshopやIllustratorにはお世話になっている。その学校への入学試験の面接で、「Webデザイナーになりたいです」と伝えたら、面接官の先生に「なかなかなれないよ」と言われたことを思い出す。夢は叶って、いまは少し違う仕事をしているけれど、あのときのわたしに伝えたら、きっと喜ぶと思う。

写真は本物のP900i(左)と、後継機のP902i(右)。ほんとにPシリーズばっかり使っていた。

sponsored by KDDI