読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chirashi

エモーショナルな人生を

猫を飼い始めたキッカケとその後

わたしは元々犬派でした。
猫が嫌いということはもちろんなくて、シュッとしたイケメンや美人の猫ちゃんより、パグやフレンチブルドッグと言った、いわゆるブサカワな犬が好きでした。

近所で散歩の犬を見かけても、パグやフレンチブルドッグにばかり目がいっていました。

ストレスがたまり、我が家でもペットを飼いたいなーと思うことが何度もあったものの、共働きで、平日はどんなに早くても9時間は家に帰れない。二人とも仕事で疲れ果てて散歩に行けない日もあるかもしれない。そんなわけで、犬を飼うのは厳しいかもしれないと思っていました。

そんなときに、インターネットで見つけたエキゾチックショートヘアという猫!
鼻ぺちゃ好きなわたしの心にすぐさま突き刺さり、元々猫好きだった夫も「何この猫!?」と興味津々。

そして、猫ならわたしたちでも飼えるかもしれない。運良くブリーダーさんにも恵まれ、エキゾチックショートヘアを飼うことに決めました。

さて、実際に飼い始めてもうすぐ三ヶ月。
一番良かったことは、癒されることに尽きます。

わたしも夫も仕事がしんどかった昨年の11月。八氏がいなかったら、二人とも持たなかったかもしれないとさえ思います。
仕事で疲れた後、疲れてふと飲みに行ってしまった帰り、八氏が待っているかと思うと早く帰りたくなっています。

次に良かったことは、世話がとても楽なこと。トイレは引き取った時点でマスターしていたし、トイレ掃除と餌や水やりのみで基本は何とかなります。

あとは、とても静かなこと。これは猫種や性格にもよりそうですが、八氏は鳴き声も小さくあまり鳴きません。壁を汚すこともないし、いたずらも少なめ。これにはとても助かっています。

そんなわたしたちの気持ちを知ってか知らずか、今日も甘えんぼうの八でした。

f:id:taremekun:20150111235051j:plain