読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chirashi

エモーショナルな人生を

30歳

遂に20代が終わった。

10年前「この時代に(平和で、平均寿命が長い日本において)成人を祝うなんて意味がない」と本気で思っていた。だから成人式も行かなかった。

去年、29歳の誕生日は、3回目の抗がん剤を打っていた。

20歳のわたしは、不慮の事故や病気や災害に対する想像力が足りなかったのかもしれない。もしくは若者らしい尖った思想に走っていたのかもしれない。

いまは、無事に(というには余りにも過酷な1年だったけれど)、30代になれて良かったと思う。

20代は、ひとことで言えば、壮絶だった。

20歳で高専を卒業し、地元の大学に編入した。5年間付き合った人と一緒にいるために選んだ大学だったけれど、入学式の翌日に別れた。誰かのために進路を決めるのは辞めようと誓い、中学からの夢だったWebデザイナーになった。夢が叶って嬉しかった。入社後しばらくして上司と付き合い始めた。同棲を始めてすぐ東日本大震災があった。家族は無事だったけれど、被災した妹が逃げて来たので世話を焼いた。25歳で結婚をした。家を買って、猫を飼い始めた。幸せだった。仕事はつらいこともあったけど、概ね順調だった。28歳で乳がんを告知された。8ヶ月休職した。色々あった。ここに書けないことも多い。

休職している間、散々時間があったので、自分の人生を何度も振り返った。もし、あるタイミングに戻れるなら違う選択をするだろうか?と、ターニングポイントを思い返した。けれど、特に違う選択をしたいところはなかった。だから、後悔はひとつもない。

人生は誰でも波乱万丈なものだ。それを知った10年間だった。思いのほか不慮のできごとが多かったけれど、自分の意思で選んで満足しているできごとも多い。それぞれ半々くらいの割合だと感じているので、神様のいたずらはよく出来ているな、と思う。

30代は、自分のために生きたいと思う。好きなことを満喫して、苦手なことは無理せずに、自分らしく生きていきたい。自由で、おしゃれで、それなりに仕事をし、好きなものに囲まれ、ヘルシーな人生を送りたい。10年後、良い30代だったと言っていたい。

まずは、30才のうちに、30代でやりたいことリストを作ろうと思う。またあっという間の10年間だと思うから。

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/QW50OVTOLBLN